薬剤抵抗性高血圧(難治性高血圧)と睡眠時無呼吸症候群(SAS)について。

 

薬剤抵抗性高血圧と睡眠時無呼吸症候群の関係について解説したと思います。

 

薬剤抵抗性高血圧ですけども、血圧の薬を3種類以上そして利尿剤を使ったり、降圧剤を最大容量使ってもなかなか血圧が下がらない、目標値まで血圧がいかない、こういった状態の時に薬剤抵抗性高血圧といいます。別名、治療抵抗性高血圧とも言われています。

 

薬剤抵抗性高血圧ですけども、睡眠時無呼吸症候群の合併が多いことが報告されています。
一般的に薬剤抵抗性高血圧の中で、睡眠時無呼吸症候群を合併している割合が80%程度です。

 

みなさんの中でも、血圧がなかなか下がらない、薬を飲んでいてもなかなかコントロールが上手くいかない、またそういった状況の時に夜中大きないびきをかく、それから無呼吸発作がある。
こういった状態であれば、もしかしたら薬剤抵抗性高血圧と睡眠時無呼吸症候群が合併しているかもしれません。

 

こうした時、お薬での治療も大切なんですけども、睡眠時無呼吸症候群の治療も大切になってきます。

 

一般的に睡眠中の無呼吸は低酸素血症を起こします。体が酸欠状態になりますと苦しくなりますので、何とか呼吸をしようと思って脳が覚醒します。このとき、自律神経の中で血圧を上げたり、脈拍を上げたりする交感神経が高くなります。この結果、高血圧を起こしたりすることがあります。

 

このため、薬剤抵抗性高血ではお薬による治療も大切ですけども、睡眠時無呼吸症候群に対する治療も行なうと血圧も下がりやすくなります。

 

私どもは循環器内科と睡眠外来をやっておりますけども、CPAP・シーパップ治療によって血圧が下がる方が少なくありません。

 

高血圧の方に人気のサプリメント「白井田七(しらいでんしち)」

こだわりの有機栽培「田七人参」使用のサプリメントです。楽天ウィークリーランキング(ハーブ・加工食品ランキング)7週連続1位の実績があるなど、50,000本突破の人気商品です。高血圧にお悩みの方へ特にオススメ。一度お試しください。

 

 

>>「白井田七」公式HPはこちら