高血圧の方に人気のサプリメント「白井田七(しらいでんしち)」

こだわりの有機栽培「田七人参」使用のサプリメントです。楽天ウィークリーランキング(ハーブ・加工食品ランキング)7週連続1位の実績があるなど、50,000本突破の人気商品です。高血圧にお悩みの方へ特にオススメ。一度お試しください。

 

 

>>「白井田七」公式HPはこちら

 

 

高血圧の原因と予防。治療方法が分かります。

 

『高血圧について』
血圧は、診察室で測定した血圧だったら「140/90mmHgより上がった状態を高血圧」というんですね。家庭血圧で測定した場合は、「135/85mmHg」。平均をとるんですね。これを超えた場合に高血圧というふうに診断します。

 

家庭血圧は、診察室でお医者さんのとこ行って計ったよりもちょっと低いところの血圧で高血圧と診断するんですね。

 

高血圧の原因は一言では言えないですね。
塩分のとり過ぎであるとか、緊張してストレスが加わるとか、肥満とか、睡眠不足も関連してきます。環境因子が大きく影響を与えて、血圧を上げている。

 

遺伝的な素因が関係していると言われているんですけど、かなりの部分は生活環境ですね。
・食生活
・運動
・睡眠状態
この3つの要因で血圧が上がってくる。それに、
・加齢
ですね。年齢がいくと上がってくると言われています。

 

『高血圧を放置していると起こる病気』

一番恐ろしい、直結しているのは頭なんですね。「脳卒中」、あとは心臓。「心筋梗塞、心不全」なんかもあるんですね。

 

腎臓が悪くなったりとか、大動脈瘤ができてそれが破裂、乖離だとか、末梢の血管が詰まってしまったりだとか。脳、心、腎そして大血管と末梢の血管が生害されるような病気なんですね。

 

血圧で明確なことがあって、上の血圧がだいたい20上がると、脳卒中や心臓などの心血管系疾患のリスクが発生がだいたい2倍になるといわれているんですね。

 

例えば、120の人に比べて140の人は2倍でしょ。今度それから20上がって160になると4倍になって、180になると8倍になってね、リスクって一直線上じゃなくて、ビューンと上がるんですよ。血圧というのはリスクと直結しているんですね。

 

「頭が痛いというのが高血圧のせいじゃないか」と言われたりすることもあるんですが、基本的に高血圧で自覚症状というのは一切ないですね。

 

血圧は、血管を垂直に押す圧力のことなんですね。圧力が高くても、血管が詰まってしまわない限り、脳梗塞になったり心筋梗塞なったり、また血管が破れるなんていうことがない限り、血管を押す力がどんなに強くても基本的には症状はでないんですね。

 

だけど、それが恐ろしいところなんです。
血管に圧を加えるとずーっと症状が出ないけれども、例えば血管に動脈硬化があった場合、そこに圧日ものすごい圧が加わって腸脈硬化が破裂したらですね、内容物によって血液がバっと固まってしまったりすることがあって、それが脳卒中や心筋梗塞の引き金になるんですね。

 

血圧が高い、高い…しかし次にポンと起きるのは脳梗塞、心筋梗塞こういったものがポンと起きてしまうという、これが一番コワいところですね。

 

『血圧の測定』

心臓は1日にだいたい10万回くらいドキドキしてるんですね。
その度ごとに、心臓からギュッと押されると血圧がビュンと上がって、そしてまた下がるんですね。また次にビュンと上がって下がるをだいたい10万回を1日で繰り返すんですね。

 

押さえたときのビュンと上がった時の血圧、ここが最大血圧(収縮期の血圧)、
今度下がったときの最小血圧、拡張期の血圧なんですね。
収縮期と拡張期の血圧は2回あるんですけども、それは毎回違うんです。

 

毎回違うんですけども、通常10万回全部が違うわけなんですね、厳密にいえばですよ。これをずっとを評価するのは平均値でもって評価するんですね。

 

リスクというのは平均が自宅でいうと、「上が135、下が85」それを超えたときに高血圧というふうに診断する。しかし平均のみならず、大事なことは「変動」ですね。変動自身ももう1つの大事なリスクと言われてますね。
例えば、変動が小さい血圧とでは、大きな変動のある人の方が悪いと言われてるんですね。

 

血圧をみる上で、1つは「平均」。もう1つは「変動幅」、この2つで診る必要があるんです。

 

脳梗塞でも心筋梗塞でも起こりやすい時間ってあるんですよ。通常、夜はそんなに起こることはないんですよ。朝、頻度は増えるんですよ。
朝、起きてから1時間以内が1番リスクの高い時間帯なんですね。

 

ちょうどその時間帯に血圧がビュンと上がるんです。だから1番リスクの高い時間帯の血圧をきちんと測っておくことは大事なんです。

 

したがって、
・起床後1時間以内
・座って安静にして2から3分経過した時点
・朝食前/薬の服用前
・排尿後

 

起床後1時間以内に、座って安静にして2.3分経ったくらいの時点で測定する。食事をすると血圧が変動するので、薬を飲んでも血圧が下がるので食事前、薬を飲む前ですね。膀胱が張ってると、交感神経が緊張するんです。だから排尿後。測れるんだったら毎朝、測った方がイイですね。

 

朝の血圧で、前の日の睡眠状態を分かったりすることができるんですね。睡眠状態が悪いと、朝の血圧がポンと上がったりすることがあるんですね。だから、まずは朝の血圧を1時間以内に測定してもらう、これが1番大事なことです。測れるんだったら毎日。

 

それだけじゃなくて、もう1つコントロールとして「寝る前にも測定」してほしいですね。寝る前と朝と、この間にどれくらい上がるか、これも大事な指標なんです。

 

通常は、平均値をとって130を超えたら高血圧という診断をするんですけどね。
その指標と、もう1つは同じ平均値が135でも、モーニング(朝)とイブニング(夜)こちらが同じくらいの人と、モーニング(朝)が高くてイブニング(夜)が低い人ですね、この差をMとEの差で「ME差」(モーニングとイブニングの血圧の差)と言っているんですが、これが大きい人は平均値とは独立してリスクがあると言われているんですね。脳卒中のリスクだとか、心臓の心肥大のリスクだったりとかがあるんですね。

 

 

高血圧の方が脳卒中になるリスクは、血圧が135以上の持続性高血圧の場合、約2倍になります。また血圧が135以上かつ、ME差が20以上ある早朝高血圧の場合は、脳卒中になるリスクが6.6倍になります。

 

また心不全のリスクは、持続性高血圧の場合、血圧135以下の人よりも心臓が肥大し重くなっているのでリスクが高まります。早朝高血圧の方は、持続性高血圧の方よりも心不全になるリスクが更に高まります。

 

 

寝る前と朝1時間以内、これを測定してもらうのが1番いいです。お医者さんに持っていくときには、診察の前の1週間の内に少なくとも3日以上測定して、その値を持ってきてもらう、これがスタンダードな測定ですね。

 

『高血圧の予防』

高血圧はね予防というのは、「加齢変化」なんですね。血圧というのは上の血圧だけずっと診たら、だいたいずっーと上がっていくんですよ。同じように年齢と上がっていくじゃなくて、50.60歳を過ぎたくらいからビューっと上がるんですね。

 

一方、下の血圧は逆に60代になると下がってくるんですね。血管は硬くなるのもなんですけど、50歳過ぎからは上の血圧だけを1番気にしておけばいいんですね。加齢で上がってくるから、この加齢現象をいかに食い止めるかということが難しいんですね。

 

1番大事なのは「肥満の予防」。肥満が上昇して、心拍数が上がって、そのあと血圧が上がってくるんですね。肥満の方がそういう状況になったときには、血圧が今から上がり始めるぞというサインなんですね。その時点では肥満を抑制する。

 

・肥満を抑制する食生活や運動をする
・きちんと睡眠時間をとる
 →睡眠時間が短いと食欲を増すホルモン(グレリン)が出る

 

高血圧の予防には、まずは「体重を下げること」、これが1番大事なことなんです。

 

もう1つは「減塩」。
減塩というのは何で大事かと言うと、1つの体質として「食塩感受性」ということがあるんですね。
食塩感受性ってどんなものかと言うと、同じだけ塩分をとっても血圧が上がりやすい人と、上がりにくい人がいるんですね。塩分をとって血圧が上がりやすい人を食塩感受性っていうんです。
すなわち、体から塩分を排出できないという体質なんですね。

 

それには何が関与しているかというと、1つは肥満なんですね。
もう1つは交感神経の亢進。ストレス、不眠こういったものが関連していると言われてますね。

 

ストレス、不眠、肥満を改善することで体の中から塩分を排出しやすい状態にすると、それに加えて更に減塩を一生懸命がんばることなんですね。
それによって、予防というのが達成しやすくなるということですね。

 

塩分だけを減少するってなかなか難しくって、それには「カリウム」の多い食事を加えるといいと言われているんですね。カロリーを減らして、減塩して、なおかつ繊維類とカリウムの多い食事ですね。

 

カリウムの多い食事は、
・海藻類
・果物
・緑黄色野菜

 

こういたものを合わせながら減塩をやって、その食事と運動をもちろんやりながら、睡眠をきちんととっていくとことが大事ですね。

 

『高血圧の治療』

基本的には、食事と運等と睡眠、この3つをきちんとコントロールする状況にして、それでもある一定以上治らなかったら、きちんと薬を飲むことですね。降圧療法をちゃんと受けることが大切です。

 

血圧は一旦、薬を飲み始めるとずっーと一生飲まなければいけなと心配になって、なかなか踏み出せない場合があるんですけどね。

 

安静にして自分はいいところの血圧ばっかりを測定してしまったり、大目に見たりするんです。1回目160あって、2回目140、3回目120だったら、まだ120が出るから大丈夫と思ってしまうんですけども、大事なのは平均値をとることが大事なんですよね。

 

そこでずっと血圧が高かったら、薬をきちんと飲むということは大切ですね。それに加えて生活習慣を改善するということになりますね。

 

基本的には、糖尿病、慢性の腎臓病、そして心血管系の疾患(脳卒中、心筋梗塞)を起こした方は、通常のただ血圧が高い方よりもリスクが高いですね。
こういう特殊な方は、レニン・アンジアテンシン系というホルモンを抑制する降圧薬を飲んでもらうことが最初の第一歩なんですね。

 

そうじゃなくて、血圧がものすごく高い人とか、高齢者の高血圧の方の場合は、カルシウム拮抗薬というスタートがあります。

 

通常は降圧薬ですけども、レニン・アンジアテンシン系の降圧薬、ACE阻害薬とかアンジオテンシン受容体の拮抗薬この2つが有名なんですけども、そのいづれかか、もしくはカルシウム拮抗薬、特に長時間作用が働くということからいいと言われていて、そのいずれかでスタートするんですね。

 

もし、それでも上手くいかなかったら、プラス少ない量の利尿薬。これは体の中から塩分を排出するような薬剤なんです。それを投与して3つを組み合わせて治療する。そのコントロールが9割以上の人につくんですね。

 

それでもコントロールがつかなかった場合、これを「治療抵抗性の高血圧」って定義するんですね。その治療では上手くいかないということで、その人に対しては更に普通の高血圧とは違う可能性があるので、原因を調べたりするんです。

 

これもやっぱり、1番頻度の多いものは「睡眠」に関係している状態。
・睡眠時無呼吸症候群
・腎臓病
・腎臓の血管が細くなり、血圧を上げるホルモンが分泌されている
・塩分の排出を妨げるホルモンを分泌する腫瘍

 

そういう何らかの原因があって血圧が上がるというと、これを二次性高血圧っていうんです。通常の治療でコントロールがつかない場合には、もう一度原因を立ち戻って、この血圧が上昇しているのは何らかの原因があるんじゃないかと考えて、きちんとした精査をするんですね。

 

基本的に高血圧になったから、睡眠不足というのはあまり無いんですね。睡眠不足になったら高血圧という、こちらの方向性。睡眠不足や無呼吸があったりすると、どちらを治すかなんですね。原因を放っておいて血圧を下げる治療ばっかりやっていても、なかなかコントロールつかない場合があるんです。

 

どんなに血圧を下げる薬で治療しても、睡眠不足があるような人はなかなかコントロールが上手くいかなかったりする事があるんですね。

 

そういう場合は、きちんと睡眠の状態を良くしてあげたり、睡眠時無呼吸症候群だったらマスクをつけて無呼吸の治療をするということによって、血圧が下がることもあります。

 

なおかつ不眠で夜眠れないって人でしたら、しっかり眠らせてあげることによって、朝の血圧がしっかり下がることがあるんですね。

 

腎臓に関しては悪性サイクルなんですね。高血圧だと腎臓が悪くなる。腎臓が悪くなると血圧が上がる。悪い関係がグルグル回ってしまうということですね。悪循環を断ち切ると。

 

腎臓はなかなかターゲットにして治すことはできないので、まずはきちんと血圧を下げてあげるということから始めますね。

 

高血圧の方に人気のサプリメント「白井田七(しらいでんしち)」

こだわりの有機栽培「田七人参」使用のサプリメントです。楽天ウィークリーランキング(ハーブ・加工食品ランキング)7週連続1位の実績があるなど、50,000本突破の人気商品です。高血圧にお悩みの方へ特にオススメ。一度お試しください。

 

 

>>「白井田七」公式HPはこちら

 

 

更新履歴